MENU

梅田のレイク、無利息期間のお得を考える

大阪でも梅田は大きな町としてたくさんの人と観光客があふれる活気ある街です。
商売の街でもあり大阪では、ケチなどといわれることはあるものの実際には見習いたいその堅実ぶり。
消費者金融や銀行の使い方も、しっかりと検討している方が多いのではないでしょうか。

 

お得で考えてみましょう。

 

銀行では唯一レイクが無利息期間を設けています。
この無利息期間もレイクでは180日のもの、そして30日のものと2種類が用意されています。
金利の低さを考えると銀行からの借り入れを真っ先に考えたくなりますが、無利息期間は結局は利息がかからないということつまり金利が0ということになります。
お得度で言えば元金だけの返済で利息は一切かからない無利息期間を利用するのは最もお得な方法になるでしょう。

 

ただし、条件がありますのでその条件から外れると金利が通常通りに加算されます。
180日間無利息は、期間が半年と長いものの無利息が適用されるのは借り入れ金額の内5万円までと決められています。
逆に考えると5万円までの借り入れであればこの180日間無利息が便利になるわけです。
30日間無利息は借入金額に制限はありません。
制限はないものの、期間は短くなっています。

 

借り入れ金額と返済期間によってどちらがお得なのかが変わってきます。
レイク公式ホームページにお得を調べる「どっちがお得?シミュレーション」がありますので損をすることのないように利用してみましょう。

 

この記事を読んだ方は下記の記事も興味を持っています。
銀行でお金を借りる|最短即日審査で借りれる方法

レイクが問い合わせる個人信用情報機関とは

レイクが審査の際に問い合わせをする個人信用情報機関、これはどんなところなのかご存知でしょうか。
消費者金融が作った、というよりは民間企業であるこの個人信用情報機関は日本国内に3機関があります。

 

消費者金融や銀行、信販などそれぞれの債務履歴について管理している場所でありその詳細は非常に細かなものとなっています。
債務の情報にはそれぞれの項目によって掲載されている期間が異なります。
長いものでは10年も履歴として残るものもあれば5年で消えるものもあります。

 

個人信用情報機関では金融機関が会員として加盟することで個人の信用情報を照会することを可能としています。
また一個人でも本人であることを証明できれば照会すること、というよりも情報開示を請求することができます。

 

自分の債務情報がどのようになっているのか、しょうひしゃ金融や銀行での審査に通過できないということが相次いだ時は何らかの原因があることが考えられます。
総量規制がありますので消費者金融は年収の3分の1以上の借り入れをすることができませんが、そこにも引っ掛かっておらず、年収も問題ない場合、もしかすれば過去の債務履歴が足を引っ張っているかもしれません。

 

個人信用情報の情報開示には手数料が1、000円かかります。
ですが、債務の情報を知ることで審査になにが不利になっていたのかを確認することができます。
むやみにレイクや消費者金融に申し込みを続けるよりも得策になるはずです。

レイクへの取引開示請求は個人でできる?

レイクも元は消費者金融になりますので過去に借り入れをしていたのであれば過払い金が発生している可能性はあります。
過払い金請求の流れはどのようになっているのかご存知でしょうか。

 

完済から10年までが過払い金請求の時効となっておりますが、つまりは最後の取引から数えて10年が時効となります。
そのため現在も引き続いてレイクの債務を返済中であれば当然過払い金請求は可能となります。
取引開示請求を行うことから始めます。

 

当時の取引履歴を確認し、どのくらいの金利でどのくらい余計に利息を支払っていたのかを確認し、本来支払うべきだったはずの利息との引き直し計算を行います。
つまり、余分に支払っていた利息を算出することになります。

 

余計に支払っていた金額がいくらなのかわかったとしても、その全額が返還されるとは限りません。
ここが重要なこととなります。

 

過払い金請求に対しての専門スタッフがレイクにはいます。
その専門スタッフが交渉の舞台に上がってきますのでまず個人が請求したとしてもかなり低い金額での和解提案書を渡されます。

 

裁判になると大きな金額がかかるし時間もかかる、そのために低いと感じながらも和解に応じてしまうケースは多くなっています。
専門の弁護士に依頼しましょう。

 

費用が高くかかると思うかもしれませんが、その費用を差し引いたとしても個人で請求するよりも時間もかからず何よりも大きな金額を返還してもらうことができます。
過払い金返還率何%なのか、人気のある弁護士でも確認しておきましょう。